ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
AWSでWordPressを最短時間でセットアップしてみる

かねてから興味があったが、なかなか料金体系がわかりにくいということと、英語の障壁もあって遠慮していたのだが、春のキャンペーン(2014年3月31日まで)を発見したので、勢いで構築をしてみた。
技術的な情報はかなり薄いが、もし興味があられたら参考にしていただければと思います。

この記事は3月28日時点で作成しましたので、上記キャンペーンはすでに終了しています。…が今はGWキャンペーンしてました笑




1.まずはAWS(Amazon Web Services)にアカウント登録


すでにAmazon.comのアカウントを持っている場合は、紐づけて登録できるらしいが、とりあえず
メールアドレスを入力して、「◯ I am a new user.」にチェックをしてから、パスワードを入力して次に進みます。

詳細の申込者情報とクレジットカード情報を入力すると完了です。

2.ログインしてコンソールを見る。
コンソールへアクセスすると、いろいろなサービスが一覧で見れる。これを見ただけで、なんかすごい強くなった気になるから不思議だ。


3.左上から2つ目にある「EC2」をクリックする。
EC2は「Amazon Elastic Compute Cloud」の略です。
※今回はあくまで流れを把握するための評価用としてAWSでAMIをインストールしてWordPressをセットアップするということで。

コンソールを見ると、稼働しているインスタンスを見る事ができます。

4.右上のアベイラビリティゾーンを「Tokyo」にする。
※コンテンツ配信対象の地域に近いゾーンを指定することを薦められています。

ちなみに、僕は、ここを選ぶ事をうっかりして、べつのゾーンでEC2を作成してしまった。汗


5.中央にあるLaunch Instanceボタンをクリックしてインスタンスの作成をします。



6.まずはAMIを選択。
AMIとはAmazon Machine Imageという仮想のイメージファイルの事です。
OSや開発環境、などがセットで用意されています。


7.左メニューから「aws marketplace」を選択。
WordPressをすぐにセットアップするということで、WordPressが含まれているAMIを選択します。


8.下の方に移動して「AMIMOTO」を選択。
AMIMOTO の仕組みについてはこちら
http://ja.megumi-cloud.com/


9.詳細を確認。
インスタンスタイプによって金額が異なるのでチェック。(ちなみにテストで利用するためにt1.microを選択)


10.次にインスタンスタンプを選択(サーバーの仕様を選択)


11.最終確認をして、問題なければ「Launch」をクリック。


12.キーペアを選択(なければ次で作成)


13.キーペアを作成


14.これでサーバーとAMIのセットアップ完了(しばらく待ちます)


15.完了画面


16.開設されたサーバーにアクセス
EC2 Dashboardの"Running Instance"に記載されている"Public DNS"の内容をコピペしてWordPressのセットアップURLへアクセスすると、セットアップ画面が表示されます。
例:hogehoge.com/wp-admin/install.php
※ドメインがわりふられるまで5分ほどかかります。


17.WordPressのセットアップを終了すると、完了です。


AWSのアカウントさえ取得すれば、あとは驚くほど簡単に公開までできました。
かなりシンプルな手順だけまとめてみました。詳細説明については後々補足したいと思います。

簡単でしょ?
あまり深く解説してないので、あくまで恒久的に使うのではなく、AWSを評価してみたいという方のための手順です。
| WEB開発系 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
音声認識にはまっている
 先日twitterで音声認識にはまっているとつぶやいたけど、改めてはまっていることに認識。w

inputフォームに「speech x-webkit-speech」とつけるだけ。

あとはchrome betaをダウンロードして、アクセスするだけで、簡単に音声認識を体感することができる!

もしすでにchrome betaを所有している方は以下のサンプルをアクセスして、中央のマイクボタンを押してから、色をおもいっきり叫んでみてください。
ちゃんと認識してくれたら背景色が変わります。w


via from filosophy

※上記サイトの著者に許可を得て日本語識別を容易にするためにカスタマイズしたわけですが、あとから教えてもらったけど音声認識のロケールも設定で変更できるみたい。汗

ま、とにかく上記コンテンツはcssとjqueryで動いているわけで、ゆくゆくフォームのインターフェイスの変革を想像させるわけで、ちょっと最近まれな「わくわく感」にかられたわけです。

ちなみに、今回はgoogle 音声認識APIを利用しているわけですが、ほかにも「julius」オープンソースや、「Inferret」ミドルウェアなどもあるみたいで、スマホ対応APIなどもあり、非常に興味深いのでブログにしてみました。


Share |


| WEB開発系 | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TOPSYが便利である理由
JUGEMテーマ:インターネット
最近よく検索には「TOPSY」を利用している。 Googleと使い分ける場合が多い。 Topsyはいわば、twitterの検索エンジン。 今つぶやかれている話題から探すことができるから、便利である。 TOPSY


被リンクのつぶやきを検索したい場合は「site:http://hogehoge.com」と入力すれば短縮URLも対象として検索してくれるし、検索結果から1時間前、1日前というかたちでつぶやかれた時間で絞り込みもできる。

googleとかでもさらにこういった口コミ検索エンジンが充実してくるんだろうな。。
| WEB開発系 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ソーシャルCRMのロードマップ
野村総研が発表した「ソーシャルCRMのロードマップ」が興味深い。


twitterやFacebookなどの新しいソーシャルメディアの登場によって、インターネット利用者が情報を発信・発見し、さらに口コミとして広めるなど、情報伝達の経路や情報を入手した人々の行動パターンに変化が生じ始めています。これは、従来のWebページを起点とするインターネット利用者とは異なる新しい流れであり、それに伴って、企業もこれらのソーシャルメディアに対応したマーケティングや営業、顧客サポートのあり方を模索し始めています。新しいソーシャルメディアは、企業にとっては新たな顧客接点の一つとなり、さらには、マーケティングから営業、顧客サポートという企業の顧客関係管理(CRM)のあり方である「ソーシャルCRM」に変革を迫る可能性を秘めています。

2015年度までのソーシャルメディアの進展と
CRMへのインパクトを予測した「ITロードマップ」を発表


興味深い点としては
ソーシャルCRMの構成要素を「マーケティング」「キャンペーン/リード管理」「サポート」という点で定義しており、今までの顧客理解がかわるという点である。

あきらかにtwitterやfacebookの普及にともなって、ウェブとの関わり方はかわってきつつあり、企業はどちらかというと消費者先攻型のメディアに対して、あとから追いかけていっているという現状にたいして、このロードマップはどのように戦略を仕掛けていけばいいのか参考になる。
※「ソーシャルインテリジェンス」ソーシャルメディアの中での生活者の行動やその意図、社会的なトレンドなどを分析・理解することができる能力など、まさに既存マーケティングメディアのリプレースにともなう形になる。


さらに業界人間ベムさんのサイトでは詳しく解説されている。
「ツイッターやフェイスブックのような新しいソーシャルメディアはデータをオープン化している。蓄積された消費者のライフストリームデータを利用する周辺ビジネスが拡大するとともに、これまで企業がリーチできなかった消費者の声が分析可能になった。」 
http://g-yokai.com/2010/05/crmby.php『ソーシャルCRMのロードマップ』 by野村総研
今まさにCRMの変革期がきていて、我々が注目しなければいけない点を見いだしていかねばならない重要な時期なのかもしれない。

| WEB開発系 | 12:41 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
iPad予約受付終了
本日、何も知らずにiPad予約をしにいったら「今日から受付終了になったんです」といわれて、なんで??と思ってウェブ調べたら、本当だった。

「iPad」の予約受け付けが終了
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1005/12/news063.html


一足遅かったか・・・・
wi-fi版はちょっとあれだし。

| WEB開発系 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
続・ハイパフォーマンスWebサイト
前作もすばらしかったけど、昨日発売された「続・ハイパフォーマンスWebサイト――ウェブ高速化のベストプラクティス」もなかなか興味深い。

非同期スクリプトの組み合わせからCometまでと、かなりマニアック。
ウェブ高速化を極めたい方におすすめである。



高速サイトを実現するための14の基本ルールを提示し、世界中のエンジニアから大きな支持を得てベストセラーとなった『ハイパフォーマンスWebサイト』の続編。本書ではAjaxやWeb 2.0技術の浸透といった前著からの技術的なトレンドを反映するとともに、Chromeなど新しく登場したブラウザや他のブラウザの新バージョンにも対応するための情報を追加しました。HTML5、Web Workers、Web Socketsなどの新しい技術、最新のリアルタイムインターネットを支える技術についても言及しています。日本語版ではYahoo! JAPANやMozilla Japan、Google Japanで採用している高速化手法や高速化に関連した最新技術の動向を巻末付録として収録しました。


続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス
続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス
Steve Souders,武舎 広幸,福地 太郎,武舎 るみ
| WEB開発系 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
web制作の現場で使うjQueryデザイン入門が激しくお勧めな件
さいきんすっかりtwitterにかまけて、ブログの更新が途絶えてしまっていた。汗


なんとなく気になった書籍を紹介。


to-Rの西畑さん著書の面白そうな書籍。
本日発刊です。



Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)
西畑 一馬
「JavaScriptとしてjQueryに興味を持っている」という人よりも、「ウェブデザインをもっとクリエイティブに表現したい」という人のための一冊です。

とのことです。

via web制作の現場で使うjQueryデザイン入門が激しくお勧めな件
| WEB開発系 | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年も後わずか 3分の動画で振り返るこの10年
今年もあと1週間。時が流れるのは本当に早い。

TechCrunchで興味深い動画がアップされていた。

3分の動画で振り返るこの十年:テクノロジー界の盛り上がりとビジネス界の迷走

AOLとタイムワーナーの合併に始まり、wikipedia、iPod、google、Facebookなど急発展するIT業界に反して、どん底に落ちていく米国経済の動向など10年間の歩みを3分の動画でまとめている。




ちょっと懐かしかったので
こんな動画も探してみた

EPIC 2014 日本語字幕版

2014年。あと5年でgooglezonなるのか?

| WEB開発系 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3分クッキングブログパーツ
「3分クッキング」のブログパーツ。



3分でつくるブログパーツサービスかと思ったら、違った。
でも、よく考えるとまさに直感的なブログパーツかもしれない。
レシピ名ものせてほしいものだが、なんらかの事情でのせれないのだろう。
| WEB開発系 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西電力様 教えて!オール電化サイトオープン
関西電力様、初のCGMサイト「教えて!オール電化」サイトが10月7日にオープンされ、本日関係者での打ち上げがありました。

http://c.denka-life.com/c_qa/


オール電化に関する質問や体験記を綴ったいわゆるCGMサイト。

開発期間も少ないなか、見事にリリースまでこぎつけることができまして非常にうれしく思っております。

電力会社系では初のCGMコンテンツ。
ソーシャルメディアやCGM系サイトは運用が重要なので
まだまだ本領発揮はこれからだけど、ひとまずリリースされたことを祝福します。

| WEB開発系 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/9PAGES | >>