ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 音声認識にはまっている | main | 2011年を振り返って >>
僕には夢がある。
 僕には夢がある。それは…

ぼくの人生を変えてくれた素晴らしい「感動を与えてくれた尊敬する先人のひとたち」と同じように誰かの人生を変えるほどの「感動」を与えれる人になりたい。


僕はこれまでに3人の尊敬する人たちに影響をうけてきた。

まずはじめに小学生のときに、「人生とは何か?」「生きるという事は何か?」を教えてくれた手塚治虫先生。
子どもの頃から海外で自分の存在をアピールするために、生きていくために身につけた技術。それは絵だった。
小学生のときにアジア絵画コンクールに入賞したことで、イイ気になっていた自分にそれはただ単なる技術スキルにしかなかった戒めを受けた。

小学生のときに火の鳥、ブラックジャックを読んだときの感動は今でも覚えている。
「上手な絵」はただの形であって、そこには足りない「コンセプト」に出会った。
ここまで「生命」を問いかけるストーリーを生み出すには、医者にならないといけないのではないか?と医大を目指させるまでになった。
何も考えずに生きていたリーゾンディテールを小学生ながら考えさせられた。


次に影響されたジョンレノン
もともと台湾では幼少のころよりラジオで流れていたビートルズを耳にしていた。
高校生で、思春期になり音楽に明け暮れた毎日のなか、音楽の持つチカラ、すなわち「愛とは何か?」「愛のパワー」という「強いメッセージを伝える事」を教わった。

生涯をかけてそのメッセージを追求したジョンレノンに感銘をうけ、
その後NYのストロベリーフィールズまで献花にいったこと、
NYのクィーンズミュージアムまでオノヨーコさんに会いにいったことをこの前のように覚えている。

ショーンレノンと同じ年に生まれたことは永遠に誇りに思う。


そして3人目は「スティーブ・ジョブズ
当時ぜんぜん未熟なのに社会人になり、愛する人のために仕事をするきっかけをくれた。
NYから帰国した1998年、日本ではインターネットブームで、windows98と間違えて購入したPerforma5220。
そこから13年の今の自分を築いたのは、ひとえにジョブスの存在そのものだった。
Macは常にぼくにインスピレーションを与えてくれて、次から次へと新しい可能性を与えてくれた。
彼の基調講演を朝の3時にネットで見ては、しびれる興奮とイマジネーションをもたらしてくれた。
彼のキーノートは何度見た事か。
新しい何かに出会うことができ、それから大きな可能性を生み出す事ができた。



この3人を超えるレスペクトパーソンに今後で会う事ができるのか。
いや、彼らの生き様を受けた「僕」が畏れながらも、誰かに与えたい。

それがぼくのこれからのミッションであること。
そして、それがこの世に僕が生きてきた事の証になるというチャレンジ。

今はそんな気持ちでいっぱいだ。

こんな気持ちにさせてくれた、この偉人の方々に感謝したい。
この人たちから受けた「感動」を一人でも多くの人たちに伝えたい。


素晴らしい人たちの生き様で僕の人生は確実に影響を受けたことを証明したい。
そして、これを後世に残したい。
これが生まれてきたミッションなのかもしれない。

よくわからないが、今はそんな気持ちでいっぱいだ。

ありがとう…ジョブス。ご冥福をお祈りします。

Share |


| 日常メモ | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chokemiki.com/trackback/1033923
トラックバック