ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< towerは人生模様だ! | main | 立体交差フェチとはなんぞや? >>
台湾ラーメン
ラーメンは好きだが、最近はすっかり、天一しか食べてない。



そんななか、結構定期的に食べたいと思って、わざわざ足を運ぶときがある。



台湾ラーメンである。





↑今日食べた台湾ラーメン



担々麺に似ているが、ちょっとちがう。

故郷のような、台湾という響きだけでなく、何となくルーツを感じたいという気持ちが正直なところかもしれない。



そもそも、台湾ラーメンって何なんだろう?

ネットで調べてみたら

台湾ラーメン - Wikipedia

主に
中京圏中華料理店・台湾料理店にて供されるラーメンの一種である。豚挽き肉ニラ長ねぎモヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもので、ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つ。愛知県名古屋市がその発祥で、名古屋めしの一種とされる。



…あれ?台湾で食べてたと思ってたけど、名古屋? ってことは日本発祥?


1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる






なるほど。確かに台湾であまりラーメンのようなものは食べた記憶がない。

ここにくわしくかいてあった→台湾にはない台湾ラーメンは名古屋生まれ[All About]



汁がかかってる麺といえば、かろうじて、牛肉麺を食べた事があるようなないような…。



当時台湾にいたときは、小学生だったから、あまりラーメンを食べに行くという習慣がなかったかもしれない。

毎日のように10元もって、学校の帰りに屋台の臭豆腐は買い食いしていたが笑



(画像 from TraNews台灣



​食べ物って大事ですね。



| 日常メモ | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chokemiki.com/trackback/1033931
トラックバック