ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 好きな「そば」は、何そば? | main | 本当にオトクなマイナポイント還元はどれだ? >>
公共交通機関の赤字はビジネス破綻ではない

JUGEMテーマ:日記・一般

やっと梅雨が空けて、この1か月ほど、おそらく日光浴が足りないことを無意識に身体が知っているのか、夜の夏虫のように、日向に自然と向かって暑い暑い💦☀とマゾな行動になっている。

 

さて、お盆休みも近づいてきて、3月の緊急事態宣言の時には、インフルエンザのように夏になったら忘れたように日常が戻ってくると言ってた一方の専門家は、まったく予見が外れているようで。汗

 

さて、お盆休みも新幹線の予約率は低く、連日、公共交通機関の業績赤字から大型融資のニュースがでてます。

 

そこで、この間気になるツィートを見ました。

 

「あれほど、ギュウギュウで満員電車じゃないと赤字になるってどういうこと!?」

 

一瞬、たしかに乗車数が一定量ないと赤字になるということがおかしいと思いがちだが

普通以上の乗客数を安全に乗車してもらうために 過剰に出勤していた人員はどれほど

なのか?実際の雇っている実情を把握できないため、グラフでの相関図がつくれないが、

たぶん、一定の乗車率から増員されている人員はだいぶ多いと想像できる。

 

出典「感染拡大で通勤ラッシュが悪化する可能性 鉄道会社の対策 (2/2)

| 分析系 | 11:39 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする