ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今年もOne Show interactiveが | main | ネットでものを生み出すということ >>
ウェブデザインの中にある品質をいかに見いだすか?サンプルとチップ集 その1
今回シリーズにわたって、ウェブデザインの質を見いだす方法記事を英訳して紹介します。

(via How to Spot Quality within Web Design: Examples & Tips)


「品質」とは多くのWebデザインを設計するにあたって重要なキーワードである。
そもそも、「品質」とはどのようなものなのか?そう、Webデザインの中で「品質」を見いだすポイントは多くある。
一度、その「品質」を見いだすことに成功すると、あなた独自のスタイルを確立するテクニックを身につけることが可能となる。

ここで、私が見いだした「品質」を見いだすポイントをいくつか、サンプルとともに紹介しよう。



01. 間(スペース)


良いWebデザインを通して、主な要素は「空間」のデザインである。どれほど間隔やグリッドに注意できるかが、デザイン全体のセンスや高級感を高めることができる。
デザインを通してすべての要素を見渡すことがすばらしい空間を演出できるポイントである。
大きな絵を見ることによって、最も空間を見いだすヒントになる。そして時々、縮小することによって、異なる視点を持つことによって、さらに精度が上がる。

すばらしい空間デザインを用いた例


「Good.is」ウェブ


このサイトを見てわかるように、非常に清潔感があって、開放感を感じることができるだろう。これは、完全にテキストとイメージのまわりでちょうどいい空間を施してある。
s

「Digital Mash」


充分に確保された間隔は、より魅力的にそしてよりクリックされやすい演出を実現している。Digital Mashは歓迎のおもてなしを実現しているすばらしい例である。


空間の要素を多く取り入れた「Creatica Daily」


さらにすばらしい空間の事例として、このサイトはコンテンツそのものを明確化することに成功している。
コンテンツそのものが多い訳ではないが、それに充分すぎるほどの空間を与えている。
仮に2、3行のテキストしかないとしても多くの間隔を与えては行けないことは決してない。


効果的な間隔を実現するチップス



グリッドを活用したデザイン
グリッドを活用すると空間デザインの重要性を理解することを助けてくれる。
何度も繰り返す
よりよい見え方を見いだすまでトライ&エラーを繰り返す。
空白のスペースは決して無駄ではない
もし空のエリアがあったとしても、それは決して埋めることを示唆していない。
手を加えすぎることを加減する
手を加えることよりもむしろ、スペースを与えることによって可読性を高める。


ひとまずここまで。
次回は「02 ピクセル単位のディテール」
| Webディレクター | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chokemiki.com/trackback/946374
トラックバック